這いずるモノたち

イラストとWRESTLE-1をこよなく愛するブログ(たまにネガティブ)

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「WRESTLE-1 TOUR 2018 OUTBREAK」6.13東京・後楽園ホール大会

W-1 6.13後楽園1
WRESTLE-1を観に行ってきました。
つまらない日常の喧噪から逃れたい時は、やはりプロレス観戦に限ります。ヾ(・∀・)ノ

特に楽しみにしていたのは、後半の3試合。

〈タッグマッチ〉

黒潮“イケメン”二郎&田中 将斗 vs 芦野 祥太郎&新井 健一郎/Enfants Terribles


WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ〉

吉岡 世起 vs 児玉 裕輔/Enfants Terribles


WRESTLE-1チャンピオンシップ〉

征矢 学/new Wild order vs 羆嵐/Enfants Terribles


芦野選手率いるEnfants Terriblesがタイトル戦に挑む図式でした。

W-1 6.13後楽園2

W-1 6.13後楽園3
この試合、注目は芦野と田中将斗の対決。熱いバトルになりました。

W-1 6.13後楽園4
WRESTLE-1では、勢いのある芦野とイケメンの戦いも見所のひとつ。

W-1 6.13後楽園5
芦野のアンクルロックに悶絶するイケメン
この日はローンバトルが続いてました。

W-1 6.13後楽園6
劣勢に立たされていたイケメンですが、何と丸め込みでにっくき芦野から3カウントを奪ってみせた。唖然とする芦野。
イケメンは芦野に勝ったのは初めてなんだそう。

あまり後楽園では組まれていない芦野選手とイケメン選手の対決。
もっと観たいですね。

W-1 6.13後楽園7
Enfants Terriblesの懐刀、児玉 裕輔
この選手、結構好きなんです。
クルーザー選手ならではの身体能力の高さが目を引くのですが、それだけではなく、無駄に技に走らない。
ひとつひとつの技を完全に自分の物にしているという事ですね。
芦野選手もそう。
これはプロレスにおいて大事な要素です。

W-1 6.13後楽園8
こちらはクルーザーチャンピオンの吉岡選手。
チャンピオンは団体の顔ともいうべき存在でなければなりません。
試合前だとしても、あの場面は先陣きって出て行かないとダメです。

W-1 6.13後楽園9
だんだん凶暴化してきた羆嵐
Enfants Terribles入りしてから、どっしりしてる感じですね。

W-1 6.13後楽園10
WRESTLE-1きっての重量級パワー対決。
タイトルマッチにふさわしい戦いになりました。

W-1 6.13後楽園11
終盤、リングが壊れるんじゃないかと思うような攻防になりましたが、最後は得意のラリアットで征矢が勝利、初防衛に成功。
あと一歩の部分がチャンピオン征矢は強いですね。
長期政権になるのでしょうか?

年間最大のビッグマッチ、文体のメインは征矢がチャンピオンとして防衛戦を行う事になりました。




これは試合とは関係ないのですが、今日観てて気になったのは空席が目立つなぁと。
芦野がチャンピオンの時より勢いがないのかな。
プロレスはショーではないので、お客のご機嫌取りだけする訳にはいかないですからね。
大変だと思いますけど。
会場が熱気に包まれてる方が観てる側も集中出来るんで、頑張ってほしいところです。


W-1 6.13後楽園12
それとこの日、CIMA率いる"STRONG HEARTS"が乱入し、「W-1に刺激をぶち込んでやる」と宣戦布告をしてきました。
WRESTLE-1としては、いいようにアピールさせてしまった感じ。

迎え撃つのはWRESTLE-1のクルーザー戦線になるのでしょうかね?
文体も迫ってますし、大きなうねりになるといいのですが。
スポンサーサイト

| WRESTLE-1 | 01:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

| PAGE-SELECT | NEXT