リアル系の人物イラストを得意としていて、他にもダークな要素を取り入れたイラストを描いています。

這いずるモノたち

.

絵の深さを改めて感じる

pixivで他の方の作品を見ていて思うのは、絵というのはやはり深いな」ということですね。

他の方の作品を見るのは刺激にもなって楽しいです。

なかには本格的な油彩の作品などもあったりしてとても勉強になります。


あと思ったのは、いわゆる美少女系の絵柄が多くて、観覧数なんか見てるとこういう絵柄の需要が多いんだなぁと。(苦笑

それも日本の文化なので決して否定的にとらえてる訳ではありませんが、自分はあの系統の絵柄には興味がなくて。

それよりも風景中心に描いてる人や、独創的な絵柄を描いてる人、あとアナログで描いてる人を中心にフォローしたり作品をブックマークしてます。

自分などとは次元が違うものを描かれている方も多数いますし、圧倒的な描写に毎日口あんぐりな状態です。


なかなか「これを追求していこう」というものが見つからなくて、モチベーションが上がってこないのが苦しいところです。

善と悪があるように、自分のなかで表現を抑えてる部分も結構あるので、もっと自分の「闇」の部分とか「狂気」といった部分を強く出していこうかなぁと考えたりもしています。

自由を規制される事を嫌う人間が、自分で表現の自由を規制してたら意味ないですからね。(笑
スポンサーサイト

テーマ : 思うこと    ジャンル : 学問・文化・芸術
  1. 2017.02.10(金) _22:54:00
  2. のりしおという人間
  3.  コメント:0
  4. [ edit ]

<<ミカサ・アッカーマン | BLOG TOP | 寒くなってきたぜ>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 




PAGE
TOP