這いずるモノたち

イラストとWRESTLE-1をこよなく愛するブログ

2018年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ヘッダー画像を描いていただきました^^

この度、ネットで長く仲良くしていただいているKannaさんに、「ぜひ、ブログのヘッダー画像を描いてほしい」とお願いをしましたところ、快く引き受けていただきまして。

なんと絵を描いていただけることになりました。(´ω`人)


ヘッダーにはいつも自分で描いたイラストを使っていましたが、自分で描いたものだとどうしてもすぐ飽きてしまって。

なので、今回はテーマを決めて思い切って依頼してみました。

キイロモモブトハバチの幼虫
題材にしてもらったのは↑キイロモモブトハバチの幼虫です。

FC2ブログのタイトルが「這いずるモノたち」なので、テーマは昆虫(幼虫)がいいかなと。

あと、つぶらな瞳が可愛かったので。(笑

kannaさん 作品タイトル
↑こちらが描いていただいた作品です。(2点)


メチャメチャ可愛いです。(笑

思わず顔がほころんじゃいました^^


【幼虫】という題材をどうやって料理するのかなぁと興味津々でしたが、「なるほど、そうきたか」って感じで。

登場人物と幼虫の関係性がどこか神秘的で、とても惹き付けられますね。

Kannaさんの絵には、惹き込まれるような世界観があります。

それでいて女性ならではの可愛らしい絵柄と、繊細で壊れてしまいそうな儚さとが同居している感じというんでしょうか。

メンタルアートというジャンルだそうです。

気になった方は是非見に行ってみてください^^


さっそく、FC2ブログとアメブロのヘッダーでそれぞれ使わせていただこうと思います。o(≧ω≦)o
スポンサーサイト

| メンタルアート【Kannaさん】 | 18:50 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちっぽけな勇気から

今週から新たな職場で働いています。
まずは生活を安定させないといけませんので。

とにかくとても良い職場で、従業員にとても配慮している会社でして。
これまでの職場とギャップがありすぎて、逆にちょっと戸惑ってます。


ここ数年やってた職場は、どこも人を物のように扱うところばかりだったから。
ウンザリするほど。

当然、人は定着しない。優秀な(俺みたいな)人間はどんどん辞めていく。古い連中は新人を育てる気が薄れる。結果人手不足になり、個人にかかる仕事の負担が増える。

なぜそうなるかといったら、上の人間が不真面目で現場をまるでわかってないからだ。
みんな口に出しては言わないけど。(俺は言う)

こんな状況でどうやって仕事をするんだ、と。

ブラックなんてみんなで辞めちゃえばいいのにね。
そうすれば、ろくでもない会社や人間は減っていくでしょうに。


とりあえず自分の方は、良い職場に来られたし、出版社の方からのお仕事をいただける機会も増えました。

ようやく歯車が動き出した感があります。

忙しくなりますが、楽しくやりたいですね。

| のりしおという人間 | 23:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これからはもっと主張を

何年ぶりかな、これだけゆっくり休んだのは。

メンタルの調子も戻ってきたので、明日から再び元の生活へ戻ります。


病み上がりなんで、自分としては出だしはゆっくりでと思ってたんだけど、行動を始めるといきなり歯車が動き始める。(゚д゚)

目に見えない縁なのか運なのかわからないけど。

去年ぐらいからちょくちょくそういうものを感じるんだよね、勇気出して動くと。

やっぱり籠ってちゃダメなんだね。

ドラゴンズクラウンのアマゾン【3】
ドラゴンズクラウンアマゾン。まだ途中ですが。

| イラスト【アマゾン】 | 22:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

松本潮里 画集『迷想園』

松本潮里 画集『迷想園』
海外のアートを見るのが好きで、【Pinterest】というサイトをよく観覧してます。
その中で気になる絵があったので調べてみたところ、松本潮里さんという画家の絵であることを知りまして。
さっそく画集の方を購入しました。

絵の少女はみんな無表情で、それでいて美しく、眼にすごい力があって。
少女の美しさと他のモチーフが相まって不思議な世界観を生み出しています。
初めは海外の絵描きさんなのかな?と思ったんですが。
リアルなんですけど、写実とはまた違った味わいがありますね。

引き込まれるような世界観を持つ絵は大好きで、ちょくちょく空想の世界に入り浸ってます。
自分もそういう絵を描けたらいいなぁと切に思う今日この頃。
今年は美術にたくさん触れたいですね。

| エンターテインメント | 19:45 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「WRESTLE-1 TOUR 2018 TRANS MAGIC」3.14東京・後楽園ホール大会

W-1 3.14後楽園ホール【1】
WESTLE-1後楽園大会を観に行ってきました。
話題盛りだくさんの楽しい大会でした。

W-1 3.14後楽園ホール【2】
大人気のイケメン選手。

W-1 3.14後楽園ホール【3】
チーム"あんこ型"の3人。

W-1 3.14後楽園ホール【4】
今日も女子の試合が組まれてました。
どうも女子の試合を観てると、危なっかしいというか、「大ケガしないでくれよ」と心配になってしまいます。

W-1 3.14後楽園ホール【5】
クルーザートーナメントを優勝したアレハンドロ選手。

1月に突如現れ、強烈なインパクトを残し、一気に頂点まで駆け上がる!
やはりレスラーは"主張"なんですよね。

W-1 3.14後楽園ホール【9】
この日は武藤選手の試合も組まれていました。
大"ムトウ"コールに迎えられたレジェンドの武藤敬司選手。

武藤選手はこの試合の後、膝の人工関節の手術を受けるとの事。
必殺技のムーンサルトプレスは、この日を最後に使えなくなるそうです。(´д⊂)
“ラストムーンサルト”ですね。

W-1 3.14後楽園ホール【6】

W-1 3.14後楽園ホール【7】
この試合、W-1を出ていってしまった選手も数人いるんですよね。
素直に拍手を送れない気分でしたが、それでも武藤選手とは師弟関係にあり、この日の為に駆けつけたわけなので。
元気にやってそうだし、それはそれでよかったなと思います。

W-1 3.14後楽園ホール【10】
激闘の末、最後は武藤選手がムーンサルトプレスで勝利。

長く武藤選手を観てきたので、感慨深いものがあります。\(^o^)/

W-1 3.14後楽園ホール【11】
この日のメインはW−1チャンピオンシップ 挑戦者 征矢学vs王者 芦野祥太郎

"悩める男"征矢学
しばらく覇気のない試合が続いて、「大丈夫かな〜」って感じでしたが、2.14後楽園で完全に目を覚ました征矢選手。入場から戦う男の目に変わってました。
プロレスラーはこうでないといけません。

W-1 3.14後楽園ホール【12】
一方、対するチャンピオンもこの鋭い眼光。芦野にとってはV8をかけた今年最初のタイトルマッチ。
空気がピーンと張りつめてましたね。
W-1タイトルの価値をここまで高めたのは間違いなく芦野です。


芦野は序盤から征矢の腕に照準を絞り、必殺技のラリアット封じに出ます。
征矢は前哨戦からかなり執拗に腕攻めを受けていたようで、腕にテーピングを巻いていました。
パワーファイターは、弱点を一点集中で狙われるとかなり厳しい戦いを強いられます。

芦野は無駄のないレスリングでじわじわと相手を攻め立て、終盤にかけては腕をロックしてのアンクルロック、脇固め、アームブリーカー、腕ひしぎ、三角締め、あらゆる腕攻めで征矢を崖っぷちまで追い込んでいきます。

それを既の所で凌ぐ征矢。


だが、一進一退の攻防に終止符を打ったのは征矢の方でした。

芦野の猛攻を耐え抜いた征矢は、最後は刈り飛ばすような凄まじいラリアットで、ねばる芦野をついにマットに沈めた。

W-1 3.14後楽園ホール【13】
第12代王者となった征矢学

チャンピオンとしてこれからW−1を引っ張っていくことになります。
是非強いチャンピオンでいてほしい。


応援している芦野が負けてしまったのはとても残念ですけど、それで下降の一途を辿るようなヤワな選手ではないので、今後の奮起に期待したいです。

| WRESTLE-1 | 01:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ナチ男とナチ子

ナチ男とナチ子
↑ ひとつ前に描いたイラストに、相方と背景を付けました。


背景に人物を溶け込ませるのがとても難しいんだな。

長いこと人物メインでイラストを描いてきたからね、そのツケでしょうね。


興味があるものしか努力してこなかった結果だ。

ホント、愕然とする。(´д⊂)


羨ましいかな、人物と背景を違和感なく描ける人が結構いるんですわ、これが。

最近、海外のファンタジーアートなんかもよく見るけど、非常に完成度が高い。

まるで空想の世界が実在するかのような独特の世界観が生まれてますもん。


一体、どんな練習をしたのかなぁ。(ノ)’∀`(ヾ)


まあ、あれを目標にするにはちょっと敷居が高いか。

| イラスト【ナチ党】 | 19:08 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハーケンクロイツ

ナチス親衛隊

"固定観念"。

イラストを描く上で、多くの人が共有する"固定観念"を利用するのは常套手段です。


このイラストの場合は、

■紫色の髪=自己主張が強そう。

■黒のロングコート=
ダークな雰囲気。

■鉤十字の腕章、手にはライフル=極めて危険。

といった風に。


特にハーケンクロイツ(鉤十字)は、誰でもナチスを連想する。

それほどこの鉤十字のマークには破壊力があります。

見るだけで気分を害する人もいるだろうし。


人々が持つ、この"固定観念"をうまく利用出来れば、もっとダイレクトに伝わるイラストが描けるようになるんですけどね。


ただ、自分はイラストとはいえ、鉤十字を描く時には多少の抵抗は感じてます。(苦笑

| イラスト【ナチ党】 | 18:08 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |