這いずるモノたち

イラストとWRESTLE-1をこよなく愛するブログ

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

夢があった『POWER HALL 2018』

POWER HALL 1

POWER HALL 2

POWER HALL 3

POWER HALL 4

POWER HALL 5

『POWER HALL 2018』後楽園大会を観に行ってきました。

見所はなんといってもセミファイナルとメインイベントの初遭遇対決です。


いろんな団体のトップ選手が集結。

組むのも初めて、対峙するのも初めて。これはプロレスファンにとって唾涎ものなんですよね。


セミの芦野選手と鷹木選手の初対決もゾクゾクっと来たし、秋山選手と長州選手の緊張感のあるマッチアップも見どころでした。


特に興味深かったのは黒潮"イケメン"二郎と長州力の初遭遇。

世代もプロレス観も全く違う両者の対決。


あの怖い長州力の前で、底抜けに明るいイケメンワールドを展開できるか。
会場の期待値も異常に高まってました。


イケメンは十二分に展開してましたけどね。(笑

試合中も再三にわたって長州に自分の存在をアピールする姿に会場は大いに沸いていました。



こういうワクワク感を味わったのは本当に久しぶりです。


プロレスファン冥利に尽きる。ヽ(´∀`)ノ


特に新日本なしでこういうマッチメークが出来たというのは大いに“夢”を感じさせます。


まだまだ続きが見たいですね。




▽第1試合(15分1本勝負)
〇藤原喜明(7分08秒、脇固め)●伊橋剛太

▽第2試合(6人タッグマッチ30分1本勝負)
〇田中稔、吉田充宏、LEONA(9分47秒、HEATクラッチ)HAYATA、YO―HEY、●タダスケ

▽第3試合(タッグマッチ30分1本勝負)
〇野村直矢、青柳優馬(9分32秒、マキシマム→片エビ固め)ジェイク・リー、●岩本煌史

▽第4試合(6人タッグマッチ30分1本勝負)〇越中詩郎、AKIRA、斎藤彰俊(11分21秒、ダイビングヒップアタック→片エビ固め)NOSAWA論外、MAZADA、●FUJITA

▽第5試合(タッグマッチ30分1本勝負)
〇中嶋勝彦、マサ北宮(20分18秒、顔面蹴り→レフェリーストップ)神谷英慶、●野村卓矢

▽セミファイナル(6人タッグマッチ45分1本勝負)
藤波辰爾、丸藤正道、〇芦野祥太郎(14分36秒、アンクルロック)鷹木信悟、●土肥孝司、清宮海斗

▽メインイベント(6人タッグマッチ60分1本勝負)
〇秋山準、橋本大地、黒潮“イケメン”二郎(17分47秒、ランニングニー→体固め)●長州力、関本大介、ヨシタツ 

スポンサーサイト

| プロレス | 00:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【長州力プロデュース】「POWER HALL 2018~Battle of another dimension~」

POWER HALL 2018

7月10日、何やら興味津々な大会が行われる模様。

長州力プロデュース興行「POWER HALL 2018~Battle of another dimension~」

スマホをいじってたら急に目に飛び込んできた。Σ(゚Θ゚)

いろんな団体からトップ選手が集結しており、なんとWRESTLE-1からも芦野、イケメン、土肥の3選手が参戦。

ついに芦野も長州力の目にとまったのか、と。


しかも発表されたセミとメインの対戦カードが非常に興味深い。

【藤波辰爾&丸藤正道&芦野祥太郎vs鷹木信悟&土肥孝司&清宮海斗】

長州力&関本大介&ヨシタツvs秋山準&橋本大地&黒潮“イケメン”二郎】

タッグマッチながら、初顔合わせの対決が目白押しなんですね。


長州力vs秋山準、長州力vs黒潮“イケメン”二郎、一体どんな攻防になるんだろう。(*゚Q゚*)

芦野祥太郎vs鷹木信悟、メチャメチャ注目です。


これは観に行くしかないでしょう。


もうチケットを注文しましたけどね。(●`∀´人)ウッシッシ

| プロレス | 19:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

"王道"全日本プロレスを観に行ってきた

全日本プロレス 4.29後楽園大会1
WRESTLE-1以外のプロレスを観に行く事は中々ないので、純粋にプロレスを楽しんでこようかなと。

まず驚いたのが、会場内の熱気。
凄いんですよね、盛り上がりが。

毎月行ってる後楽園ですが、ファンの層が違うだけでこんなにも変わるんですね。
WRESTLE-1は、選手だけじゃなくファンも大人しいのかな?(笑

全日本プロレス 4.29後楽園大会2
"明るく楽しく激しいプロレス"。

昔の全日本プロレスは、たしかそんなキャッチフレーズがありましたけど、まさにそういう感じでしたね。
ゴツゴツした痛みの伝わるプロレスと言うんでしょうか。
見た目からデカくて強そうな外国人とか。わかりやすくて良いですね。(笑

全日本プロレス 4.29後楽園大会3
今日注目してたのはチャンピオン・カーニバルのこの試合ですね。
鷹木信悟vs石川修司

鷹木選手はWRESTLE-1のリングで何度か観た事があります。



全日本プロレス 4.29後楽園大会4
石川修司選手は196cmの巨体。デカいのなんの。
大日本プロレスで一度観た事がありますが、まさに規格外のモンスターです。

この試合は白熱した戦いになりましたね〜。
手に汗握るバトルというのはこういう試合を言うんでしょうね。
予備知識がなくても、誰でも楽しめる。
デカい相手をなぎ倒す爽快感とか、まさにプロレスの醍醐味ですね。(;゜0゜)



全日本プロレス 4.29後楽園大会7
メインイベントは火野裕二vs宮原健斗
こちらも見応え十分な試合でした。



全日本プロレス 4.29後楽園大会5
こちらが宮原健斗選手。

全日本プロレス 4.29後楽園大会6
ひと際歓声が大きかった選手で、ビジュアル的にもいかにも全日本の次世代のエースといった感じです。


初めて観る選手もたくさんいたんですが、それでも十分に楽しめた一日でした。

元気な全日本プロレスが観れて良かったです。




まあでも、中々あちこちのプロレス団体を観てまわるというのはエネルギー的にも厳しいので。

プロレス団体、たくさんありますからね。

もう浮気はしないようにします。(笑

| プロレス | 23:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |