這いずるモノたち

イラストとWRESTLE-1をこよなく愛するブログ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「WRESTLE-1 TOUR 2018 SYMBOL」7.18東京・後楽園ホール大会

7.18開戦
あのマサ斎藤さんが亡くなってしまったんですよね。
今日、WRESTLE-1後楽園大会にて追悼の10カウントゴングが鳴らされました。
ちょっと前にもベイダー選手が他界されてしまって。
なんとなく寂しい気分になりますね。

なんだか"死"について考える事が多くなってきたなぁ。(つω-`。)

チャンピオン

イケメン
この日はWRESTLE-1グランプリの準決勝と決勝が行われました。
準決勝は土肥vs羆嵐芦野vsイケメン
やはりというか、予想していた通りの4人が準決勝に上がってきました。

優勝者には年間最大のビッグマッチ、9.2横浜文化体育館で征矢の持つチャンピオンベルトへの挑戦権が与えられます。

芦野
芦野vsイケメンは、去年の横浜文化体育館のメインと同じカードですね。
個人的には芦野にタイトルを獲ってほしいと思っています。
チャンピオンは、団体の顔ともいうべき存在でないといけないからです。

アンクルロック

ストロングハーツ
STRONG HEARTSvsWRESTLE-1対抗戦。
双方のファンがいたこともあり、熱気が凄かったですね。
異様な盛り上がりでした。

W-1
この日はWRESTLE-1勢が辛くも勝利をもぎ取る。
WRESTLE-1としては、ようやくSTRONG HEARTSに一矢報いた格好となり、溜飲を下げた感じですかね。
文体に向けて、こちらの戦いも継続していくようです。

グランプリ決勝
WRESTLE-1グランプリ注目の決勝。
勝ち上がったのは羆嵐を破った土肥と、イケメンを倒した芦野

準決勝の試合に続き、こちらも大接戦となりました。
芦野の執拗な足攻めに苦しんだ土肥でしたが、持ち前のパワー殺法と新技の南京錠固めで芦野を追い込みます。

だが、激闘に終止符を打ったのは芦野
最後は、トップロープからの雪崩式のT-ボーンスープレックス一閃!
土肥を完全にマットに沈めました。

芦野トロフィー
昨年の防衛ロードを歩んでいた時の勢いのある芦野が戻ってきましたね。
この日の芦野はとにかく強かった。

チャンピオン征矢へのリベンジの機会をたぐり寄せ、「文体の主役は俺だ!」と豪語。
らしさも戻って来て、文体でのタイトル奪取を誓う。

文体、観に行きたいですね。
スポンサーサイト

| WRESTLE-1 | 00:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「WRESTLE-1 TOUR 2018 OUTBREAK」6.13東京・後楽園ホール大会

W-1 6.13後楽園1
WRESTLE-1を観に行ってきました。
つまらない日常の喧噪から逃れたい時は、やはりプロレス観戦に限ります。ヾ(・∀・)ノ

特に楽しみにしていたのは、後半の3試合。

〈タッグマッチ〉

黒潮“イケメン”二郎&田中 将斗 vs 芦野 祥太郎&新井 健一郎/Enfants Terribles


WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ〉

吉岡 世起 vs 児玉 裕輔/Enfants Terribles


WRESTLE-1チャンピオンシップ〉

征矢 学/new Wild order vs 羆嵐/Enfants Terribles


芦野選手率いるEnfants Terriblesがタイトル戦に挑む図式でした。

W-1 6.13後楽園2

W-1 6.13後楽園3
この試合、注目は芦野と田中将斗の対決。熱いバトルになりました。

W-1 6.13後楽園4
WRESTLE-1では、勢いのある芦野とイケメンの戦いも見所のひとつ。

W-1 6.13後楽園5
芦野のアンクルロックに悶絶するイケメン
この日はローンバトルが続いてました。

W-1 6.13後楽園6
劣勢に立たされていたイケメンですが、何と丸め込みでにっくき芦野から3カウントを奪ってみせた。唖然とする芦野。
イケメンは芦野に勝ったのは初めてなんだそう。

あまり後楽園では組まれていない芦野選手とイケメン選手の対決。
もっと観たいですね。

W-1 6.13後楽園7
Enfants Terriblesの懐刀、児玉 裕輔
この選手、結構好きなんです。
クルーザー選手ならではの身体能力の高さが目を引くのですが、それだけではなく、無駄に技に走らない。
ひとつひとつの技を完全に自分の物にしているという事ですね。
芦野選手もそう。
これはプロレスにおいて大事な要素です。

W-1 6.13後楽園8
こちらはクルーザーチャンピオンの吉岡選手。
チャンピオンは団体の顔ともいうべき存在でなければなりません。
試合前だとしても、あの場面は先陣きって出て行かないとダメです。

W-1 6.13後楽園9
だんだん凶暴化してきた羆嵐
Enfants Terribles入りしてから、どっしりしてる感じですね。

W-1 6.13後楽園10
WRESTLE-1きっての重量級パワー対決。
タイトルマッチにふさわしい戦いになりました。

W-1 6.13後楽園11
終盤、リングが壊れるんじゃないかと思うような攻防になりましたが、最後は得意のラリアットで征矢が勝利、初防衛に成功。
あと一歩の部分がチャンピオン征矢は強いですね。
長期政権になるのでしょうか?

年間最大のビッグマッチ、文体のメインは征矢がチャンピオンとして防衛戦を行う事になりました。




これは試合とは関係ないのですが、今日観てて気になったのは空席が目立つなぁと。
芦野がチャンピオンの時より勢いがないのかな。
プロレスはショーではないので、お客のご機嫌取りだけする訳にはいかないですからね。
大変だと思いますけど。
会場が熱気に包まれてる方が観てる側も集中出来るんで、頑張ってほしいところです。


W-1 6.13後楽園12
それとこの日、CIMA率いる"STRONG HEARTS"が乱入し、「W-1に刺激をぶち込んでやる」と宣戦布告をしてきました。
WRESTLE-1としては、いいようにアピールさせてしまった感じ。

迎え撃つのはWRESTLE-1のクルーザー戦線になるのでしょうかね?
文体も迫ってますし、大きなうねりになるといいのですが。

| WRESTLE-1 | 01:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

THE 多忙

最近、ブログの記事がプロレスの事ばかりで。

これでも、毎日ちゃんとイラストを描いているんです。

仕事のものなのでアップは出来ないですけどね。

昼間は普通に定時まで働き、帰ってきて一休みしてから寝るまでの数時間イラストを描く、みたいな感じ。

土、日の休日もほとんどイラストの制作に充ててます。

得意分野を仕事にするというのもなかなか大変ですね。

まあ後々、何の仕事に携わったかぐらいの事はご紹介出来ればと思います。



ここからはプロレス記事になります。
今日、「WRESTLE―1 GRAND PRIX2018」に参加のメンバーが発表されました。
8選手参加のトーナメントで、優勝者にはW-1年間最大のイベント、横浜文化体育館での無差別級タイトルの挑戦権が与えられます。
出場予定選手にはカズ・ハヤシ、近藤修司、河野真幸、土肥孝司、黒潮“イケメン”二郎、芦野祥太郎、伊藤貴則の7人と、6月13日後楽園大会の王座戦(王者・征矢VS挑戦者・羆嵐)の敗者。

WRESTLE-1グランプリ2018

う〜ん・・・「またW-1の中だけでやるのか」というのが正直な感想。
鎖国はW-1のアピールにならないと思うし、外から見てW-1のリングが魅力あるものに映らないんじゃないかなぁ。
去年は芦野祥太郎という絶対王者がいたので、シチュエーション的にそれなりの面白さがあったけど。
W-1には若くてイキのいい選手が数人いるんだし、芦野、イケメン、土肥あたりに初対決となるような選手をぶつければ俄然面白くなると思うんだが。

頼むよ、社長↑。(○´・Д・`)ノ

| WRESTLE-1 | 19:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

WRESTLE-1後楽園大会&国立新美術館

5.6 W-1後楽園【2】
5月6日、WRESTLE-1後楽園大会を観に行ってきました。

GWで出掛けたのはこの日だけ。

連休もあっという間に終わっちゃいます。

5.6 W-1後楽園【3】

5.6 W-1後楽園【4】

5.6 W-1後楽園【5】



5.6 W-1後楽園【6】



5.6 W-1後楽園【7】

5.6 W-1後楽園【8】
注目の黒潮"イケメン"二郎。

この日は、【観客持ち込みアイテム使用可 GWスペシャルハードコアマッチ】そう銘打たれた対戦が組まれた。

5.6 W-1後楽園【9】
う〜ん、お客を喜ばすために努力しているのは理解出来るけど・・・

でも真の強敵が現れた時、"エンターテインメント"だけでは決してWRESTLE-1は守れないからね。

5.6 W-1後楽園【10】
イケメンには、会場を沸かせるだけでなく、団体を引っ張っていくようなエース級の活躍を期待したい。

それぐらいの選手だと思うので。

5.6 W-1後楽園【14】

5.6 W-1後楽園【12】
前回の後楽園大会でEnfants Terribles入りを決めた熊ゴロー改め、羆嵐(くまあらし)。

土肥熊で奪われたW-1タッグ王座の奪還に挑む。

人懐っこそうなキャラは消えて、怖いオーラが出てたな。(笑



5.6 W-1後楽園【13】
新タッグチャンピオン征矢&AKIRA組にとってはこの上ない強敵コンビが相手。

いつもそうだが、芦野選手が出場するタイトル戦はピリッとしたムードになる。

5.6 W-1後楽園【15】
試合は、勝負どころでEnfants Terriblesが乱入、反則お構いなしの戦法でチャンピオンチームからタッグタイトルを強奪した。

勢いをつける為にも、どうしても獲りたかったんだろうね。



5.6 W-1後楽園【16】
発する言葉も、今まで以上にヒール色が強くなってたような。

この後、芦野選手の言葉に反論する人間が誰も出てこなかったのがちょっと心配。



WRESTLE-1はストーリーを次に繋げていかないといけない。

よく考え、主張を貫く、それがWRESTLE-1なのだ。o(o・`з・´o)ノ

5.6 W-1後楽園【17】
芦野選手はWRESTLE-1だけに置いておくのはもったいないね。

他団体に参戦してもその存在感は際立つと思う。

チケット
帰りに国立新美術館に寄りました。

ずっと観に行こうと思ってたので。

新国立美術館
乃木坂駅に到着するや、どこかアートの雰囲気を感じました。

緑もあって綺麗なところですね。

ちょっと混んでましたけど、今回の展示作品は観といて良かったです。

| WRESTLE-1 | 01:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「WRESTLE-1 TOUR 2018 CHERRY BLOSSOM」4.18東京・後楽園ホール大会

仕事の方で描くものがたくさんありまして、しばらく趣味でイラストを描く時間は取れそうにない。
とてもありがたい事ですけどね。
イラストの仕事が落ち着くまでは、WRESTLE-1観戦日記とかがメインになってしまうかな。

W-1 4.18後楽園0
昨日、W-1後楽園大会を観に行ってきました。
平日の仕事帰りに後楽園まで行くのは結構大変です。(´д⊂)
でも好きだからしょうがない。

W-1 4.18後楽園1

W-1 4.18後楽園2
出た、芦野。第1試合目。
ずっとメインを張ってきたのに。(笑
それが理由かわからないが、なんかちょっと元気がなかった。
試合は完勝でしたけど。

芦野選手は前回の後楽園大会で1年間守り続けてきたチャンピオンベルトを失ってしまいました。
守ってきたのはベルトだけではないですが。

気持ち的にはどうなんでしょう?
相当なショックがあると思いますけど。

ただ、この人はファンを手玉に取りますんで、そぶりだけでは推し量れない部分があります。

W-1 4.18後楽園3
予想に反して白熱した女子プロの試合。

W-1 4.18後楽園4
EnfantsTerribles立花選手。「あ〜ん?」

W-1 4.18後楽園6
イケメンスマイル。
この選手は陽気なキャラとパフォーマンスでファンを虜にしていますが、持ち前の運動神経はズバ抜けています。

W-1 4.18後楽園7
クルーザータイトル戦。この試合、アレハンドロ選手に結構期待していました。
WRESTLE-1に登場して以来、凄い主張が見えたので。
小柄なんですけどね。(160cmぐらい)

W-1 4.18後楽園8
ただ、吉岡選手の壁が厚かったかな。
クルーザー級といっても対格差は歴然。アレハンドロ選手の得意な戦い方に持って行かせなかった。

W-1 4.18後楽園9
メインイベントは、タッグタイトル戦。
前回の後楽園大会で芦野からベルトをもぎ取った征矢 学とベテランのAKIRA選手。

W-1 4.18後楽園10
そしてタッグチャンピオン土肥&熊ゴロー(NEW ERA)。
タッグ戦線はこの2人が牛耳っていると言っていい。主張が出来ていたかはともかく。

おおかたの予想では、チャンピオンチームの有利は固かった感じがしました。
実際、試合は長い時間ベテランAKIRA選手の劣勢が続いてましたので。

W-1 4.18後楽園11
しかしAKIRA選手の脅威の粘りが勝機を生み、熱戦の末、AKIRA土肥からフォールを奪った。
歓喜に湧く館内。(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ


ハッピーエンド的な感じで終わるのかなと思った矢先、事件は起きた。
納得がいかない熊ゴローは、試合後、あろうことかフォール負けしたパートナーの土肥を襲撃。
さらには椅子を持ち出し、止めに入ったNEW ERAのリーダー稲葉にまで倚子の洗礼。

熊ゴローは、このときまだNEW ERAの所属。

この暴挙にNEW ERAの他の面々も制止に駆けつけるが、そこへ芦野率いるEnfantsTerriblesも乱入。
リング上はカオス状態に。(*゚Q゚*)

熊ゴローのご乱心が芦野には"素晴らしい主張"に映ったらしく、「おい熊ゴロー、お前メチャクチャいいじゃねえか!」とEnfantsTerriblesとの共闘を持ちかける。

W-1 4.18後楽園12
なんと熊ゴローEnfantsTerribles入りを承諾!

これには驚いた。(;゜0゜)

芦野は、熊ゴローを「大嫌い」と言っていた。
けど、EnfantsTerriblesは「仲良しユニットじゃない」と。

さらには、タッグタイトル奪取したばかりの征矢、AKIRA組に宣戦布告だ。


流れの速いWRESTLE-1のリングを次なるステージに引き上げていく、この辺りの芦野のエンターテイナーとしてのセンスというんでしょうか、ファンの一歩先を行くところが見事ですね。

WRESTLE-1は自分達が引っ張っていくという覚悟も見えましたし。
第2章の始まりだったんですね。

結局、この日のラストに流れたのは征矢、AKIRA組のテーマ曲ではなく、芦野のテーマ曲「Metallica - Fuel」。



こういう展開は大好きなので、期待に胸を躍らせニンマリしながら帰ってきました。(ノ)’∀`(ヾ)

| WRESTLE-1 | 07:20 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT