2017/11/15 10:24
WRESTLE-1が好きで、ほぼ毎月後楽園ホール大会を観に行ってます。ヽ(≧∀≦)ノ
チャンピオン・芦野選手のファンなので、今はWRESTLE-1チャンピオンシップが特に楽しみです。

でもね、タイトル戦のあとに現れて挑戦表明をすれば誰でもタイトルに挑戦出来る、やはりこれには違和感を覚える。
チャンピオンの芦野選手が言うように、これではタイトルの価値は上がらないし、馴れ合いに見えてしまう。
タイトルを獲って何をしたいのか、そこを明確にファンに訴えてほしい。
芦野選手は、タイトル奪取後にリング上で「まずは後楽園を満員にして、もっともっと大きい会場で試合をするんだ」「自分がWRESTLE-1を魅力ある団体に変えるんだ」と覚悟をしっかり述べてました。

「オレがWRESTLE-1を変える!」という覚悟。

その覚悟が見えるのは、あと黒潮”イケメン”二郎ぐらいでしょうか。
アピールの上手い下手があるので、まだ気持ちを伝えれてない選手もいるかもしれませんけど。
名乗りを上げるのはいい事ですが、タイトル戦に向けて気運を高める努力をチャレンジャー側にもしてほしいです。
文体のメインのイケメンvs芦野のタイトル戦の注目度がグッと高まった理由、そこにヒントがあるように思うんですけどね。


それにしても、所属しているところを更なる高みに引き上げるなんてそんな覚悟は、世捨て人状態の自分にはとても持てないです。
芦野選手を観てると、そんな自分を恥じたりすることもあります。
この人は言葉だけでなく、本当にWRESTLE-1を愛してるんだなぁと思いました。
芦野選手は、人の意識を変えれるくらいのパワーとエネルギーを持った人物なんでしょうね。
まだ若いのにね。(笑

本来ならWRESTLE-1はKAIや真田といった面々が引っ張っていっていなければいけないはず。
だが、その立場を担うはずの選手達がこぞってWRESTLE-1を離脱した。
理由は知らないけど。
この人達は本当にWRESTLE-1を愛していたのかと疑問にすら思う。
WRESTLE-1が好きで観に来ていたファンへの裏切りとも取れるし。

残された若い選手たちで団体を背負っていかないといけないのは酷だとも思います。
でもそういう苦境だからこそWRESTLE-1の会場に足を運びたいとも思うので。
もちろんお金を払って観に行くからには純粋にプロレスを楽しみますけど。(笑

若者ならではの、エネルギッシュでなおかつトゲトゲした戦いを期待してます。
スポンサーサイト
WRESTLE-1 | コメント:(0) | トラックバック:(-) |
スレッド:プロレス | ジャンル:スポーツ  | タグ: プロレス  | タグ: WRESTLE-1  | タグ: チャンピオン  | タグ: 芦野祥太郎
2017/11/05 18:01

11.5 W-1後楽園大会


先ほど、WRESTLE-1後楽園大会を観に行ってきました。


一番の注目は、もちろんメインのWRESTLE-1チャンピオンシップ
チャンピオン芦野選手に相対するは熊ゴロー選手。

芦野祥太郎 VS 熊ゴロー


熊ゴロー選手は芦野選手とデビュー戦で戦った相手なんですね。(たしか観に行ったかと)
名前はふざけてますが、この人も短期間で急成長を遂げた若手の1人です。

何やら本人たちしか知らない確執?があったようで、試合前の舌戦からバチバチと火花が散ってました。
観てる側からすると、確執が深ければ深いほど試合への思い入れが強くなって面白いです。
でも舌戦は芦野選手の方が1枚も二枚も上手ですかね。

結果の方は、見事芦野選手が熊ゴローの挑戦を退けタイトルを防衛しました。
フィニッシュ技は逆エビ固めに捉えながらのアンクルロック。(23分10秒 アンクルロック)

試合後、いつものようにマイクを握り、死闘を演じた相手を称えるのかと思いきや、熊ゴロー選手やNEW ERAの面々をケチョンケチョンにののしる芦野選手。

客席からのヤジには、「うるせぇジジイ!」と返す場面も。

相変わらずツンツンしていますね。(笑

11.5 W-1後楽園大会 芦野祥太郎

体制批判、馴れ合い批判をする一方で、試合ではチャンピオンとして絶対的な強さを見せ、内容でもファンを納得させて帰す。
当然、発言にも説得力、影響力が出てきます。
もう「若手」という言葉は当てはまらないですね。

いろいろと先を見据えてるんだろうなぁと思いますが。

もっともっと注目されるべき選手です
WRESTLE-1 | コメント:(0) | トラックバック:(-) |
スレッド:プロレス | ジャンル:スポーツ
2017/10/12 01:09
後楽園ホールに行く前に何気なくWRESTLE-1のHPでグッズを見ていたら、芦野祥太郎選手率いる「Enfants Terribles」のロゴ入りのスマホケースを発見。

今使用中のスマホケースに飽き飽きしていたところだったので、これは買うしかないと思い、試合開始前に意気揚々とグッズ売り場に向かったところ、なんとそこには芦野選手本人が!Σ(゚Θ゚)オォ!

Enfants Terribles スマホケース‘‘‘

↑ヘヴィメタルなデザインがイカしてます。

Enfants Terriblesのサインをいただきました‘‘

購入したスマホケースに「Enfants Terribles」のメンバーのサインをいただきました。(芦野祥太郎選手、児玉祐輔選手、立花誠吾選手)
緊張してしまってお礼以外なにも話は出来ませんでしたが、自分にとっては嬉しいご褒美になりました。

狭くて人がごった返してる場所は苦手なので、普段は後楽園ホールグッズ売り場には行かないんですよね。
たまたま後楽園に行く前にグッズをチェックして、たまたまグッズ売り場に行ったところご本人に会えたので。
偶然ってあるんだなと。

ただ個人的には、プロレスラーはリング上で戦ってなんぼだと思っているので、グッズの売り上げの為に選手を売り場に立たせるのは反対です。
たまにサイン会みたいなものを行う程度にとどめてほしいです。

【Enfants Terribles】

芦野選手が立ち上げた「Enfants Terribles」のメンバーの4人。
いわゆるヒールユニットです。
入場から一際目立っていた芦野選手。
存在感、実力、スター性、申し分ないですね。カッコいいです。

二日酔いのドランク・アンディ

試合開始前からこんな状態の人もいました(笑


芦野選手のファンなので、「Enfants Terribles」寄りの記事になってますが、今日のタッグリーグの優勝決定戦やクルーザータイトルマッチも非常に見応えがあって面白かったです。
WRESTLE-1 | コメント:(0) | トラックバック:(-) |
スレッド:プロレス | ジャンル:スポーツ  | タグ: 後楽園ホール  | タグ: WRESTLE-1  | タグ: プロレス  | タグ: プロレスラー  | タグ: 芦野祥太郎  | タグ: Enfants  | タグ: Terribles  | タグ: スマホケース
2017/09/02 21:59
文体入り口
文体に来ました。初めてです。

文体会場内
試合開始前の会場内。空間が広く観やすかったです。


注目のWRESTLE-1王座戦は、芦野祥太郎黒潮“イケメン”二郎の挑戦を退け、タイトルを防衛しました。

今日のカードの中でもこの試合の注目度は群を抜いていましたね。

レスラーとしてのタイプは全く違いますが、窮地にあるWRESTLE-1を先頭に立って引っ張っている2人の戦いなので。

とても見応えのある試合でした。

個人的には、応援している芦野選手が勝って良かったです。ヽ(≧∀≦)ノ ヨッシャー
2017/09/01 00:31

WRESTLE-1「2017プロレスLOVE in YOKOHAMA」9.2神奈川・横浜文化体育館大会がいよいよ明日に迫ってまいりました。

文体はWRESTLE-1年間最大のビッグマッチです。


気分が高揚してワクワクしてます。(´ω`人)



なんと言ってもWRESTLE-1王座戦ですね。【芦野祥太郎vs黒潮“イケメン”二郎


絶対王者である芦野にイケメンがどういった戦いを挑むのか。

シチュエーション的にもこれ以上ないタイミングだし、非常に楽しみダス。



WRESTLE-1は、好きになってしまえばとても楽しいです^^


2017プロレスLOVE in YOKOHAMA 


「2017 プロレスLOVE in YOKOHAMA」
2017年9月2日(土)神奈川・横浜文化体育館大会 15時開始/14時開場
 
▼第1試合 佐藤嗣崇デビュー戦 シングルマッチ 30分1本勝負
一(Pro-Wrestling ACE)vs佐藤嗣崇
 
▼第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
頓所隼(Pro-Wrestling ACE)&皇壮馬(Pro-Wrestling ACE)vs三富政行&大家健(ガンバレ☆プロレス
 
▼第3試合 WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第3代王者】立花誠吾(Pro-Wrestling ACE)vs【挑戦者】伊藤貴則(Pro-Wrestling ACE)
※第3代王者・立花誠吾、初の防衛戦。
 
▼第4試合 UWA世界6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第58代王者組】征矢学&NOSAWA論外&タナカ岩石(Pro-Wrestling ACE)vs【挑戦者組】河野真幸&MAZADA&火野裕士
※第58代王者組・征矢学&NOSAWA論外&タナカ岩石組、4度目の防衛戦。
 
▼第5試合 スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
稲葉大樹vs児玉裕輔
 
▼第6試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
武藤敬司&鷹木信悟(DRAGON GATE)&グレート☆無茶(信州プロレス)vs藤波辰爾(DRADITION)&丸藤正道(プロレスリングNOAH)&桜島なおき(九州プロレス)
 
― 休 憩 ―
 
▼第7試合 WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第10代王者】アンディ・ウーvs【挑戦者】吉岡世起
※第10代王者・アンディ・ウー、初の防衛戦。
 
▼第8試合 WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第10代王者組】土肥孝司&熊ゴローvs【挑戦者】カズ・ハヤシ&近藤修司
※第10代王者組・土肥孝司&熊ゴロー組、2度目の防衛戦。
 
▼メインイベント ステーキハウス寿楽 presents WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【第11代王者】芦野祥太郎vs【挑戦者】黒潮“イケメン”二郎
※第11代王者・芦野祥太郎、4度目の防衛戦。

WRESTLE-1 | コメント:(0) | トラックバック:(-) |
スレッド:プロレス | ジャンル:スポーツ  | タグ: 神奈川・横浜文化体育館大会  | タグ: WRESTLE-1  | タグ: プロレス  | タグ: プロレスラー  | タグ: 芦野祥太郎  | タグ: 黒潮“イケメン”二郎

カテゴリ

リンク

ブログ村

プロフィール

のりしお

Author:のりしお
pixivバナー

・11月30日生まれ 射手座
・東京都在住

リアル系の人物イラストを得意としていて、他にもダークな要素を取り入れたイラストを描いています。

→イラスト・似顔絵に関するご依頼等ございましたらメールフォームよりお気軽にご相談ください。

[バナー]
バナー1
リンクフリーです。
http://creeper2014.blog.fc2.com

[お気に入りブログ]
みかわ まさみち 絵夢日記 バナー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: