這いずるモノたち

リアル系の人物イラストを得意としていて、他にもダークな要素を取り入れたイラストを描いています。

≫ EDIT

映画『エイリアン:コヴェナント』を観てきた


前作の『プロメテウス』のラストに次作を匂わせるシーンがあったので、これは続編が作られるんだろうなと思ってました。
エイリアン:コヴェナント』の制作が発表されて以来、ワクワクしながら公開を待ってました。
ようやく観れてなんだかスッキリしました。

エイリアンの姿が出てくるとニンマリしてしまう自分がいます。
やつが人間の背中を裂いてデロリ〜ンと出てくるシーンは、キタ━(゚∀゚)━!ってなりました。(笑
「ホラーは怖くて観れないけど、グロいのは好き」という変な趣味なので。

今作は怖さより美しさを感じさせますね。
ギーガーのあのエイリアンのデザインはやはり凄いです。


ただ【エイリアン誕生の謎】がちょっと物足りなく感じたかな。
前作『プロメテウス』からそれほど目新しい部分が無かったし。

映画は観る前の期待感が強すぎると肩すかしを食うこともあるので、これはしょうがないですかね。


でも面白い作品であることは間違いないです。
この後、続編が作られる話もあるみたいなので、また期待して待ちたいなと思います。
スポンサーサイト

| 映画館で観た映画 | 16:36 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魔剣戦士ヒュンケル

今日はほぼ一日中イラストを描いてました。

昼間の眠気も無くなってきたし、調子が良くなった証拠ですね。

ようやく新しい職場に馴染んできた事もあり、おかげで心配事やストレスがかなり減りました。

もう鬱とも長い付き合いになるし、我慢どころを過ぎれば回復に向かうのはわかってたので。


でも、2年ぐらい前もそんな感じでグア〜ッと上り調子だったところを足下すくわれたので、油断しないようにしたいです。



魔剣戦士ヒュンケル


正義そのものがオレの敵だっ!!」


漫画『DRAGON QUESUT -ダイの大冒険-』を最近また読み漁ってます。

今回描いたのは、悲しい生い立ちから全ての人間を憎む魔剣戦士時代のヒュンケルです。


ダイの大冒険』は、ジャンプで連載されてる時からとても好きな漫画で。

日常で涙を流すことなどめっきり無くなってしまいましたが、この漫画だけは読むといまだに目頭が熱くなります。

恥ずかしながら、これまでまともな教育を受けてきてない自分にとっては、『ダイの大冒険』は生き方の教科書のようなものでして。

苦楽を共にしてきた仲というか。(苦笑



人間というものをどう見るか。

今の世に気持ちが悪いほど蔓延している”力が正義”という考え方。ある意味、現代社会の矛盾や不条理に疑問を投げかけていて、場合によっては人間を悪者として描くこともある。

そういう中でキャラクターの成長を通じて勇気や正義をしっかり教えてくれる貴重で数少ない漫画です。

はっきり言って絶滅危惧種的な漫画でもありますね。(かといって、”力が正義”を全て否定するものではありませんけど)

ちなみに自分が毛嫌いしているサイコパスなキャラも登場してます。(笑


キャラクターがとても魅力的な漫画ですね。

大人にこそ読んでほしい漫画です。

| イラスト【魔剣戦士ヒュンケル】 | 00:54 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「プロレスLOVE in YOKOHAMA」神奈川・横浜文化体育館大会

文体入り口
文体に来ました。初めてです。

文体会場内
試合開始前の会場内。空間が広く観やすかったです。


注目のWRESTLE-1王座戦は、芦野祥太郎黒潮“イケメン”二郎の挑戦を退け、タイトルを防衛しました。

今日のカードの中でもこの試合の注目度は群を抜いていましたね。

レスラーとしてのタイプは全く違いますが、窮地にあるWRESTLE-1を先頭に立って引っ張っている2人の戦いなので。

とても見応えのある試合でした。

個人的には、応援している芦野選手が勝って良かったです。ヽ(≧∀≦)ノ ヨッシャー

| WRESTLE-1 | 21:59 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レッスルワンは面白いのか?つまらないのか?

WRESTLE-1「2017プロレスLOVE in YOKOHAMA」9.2神奈川・横浜文化体育館大会がいよいよ明日に迫ってまいりました。

文体はWRESTLE-1年間最大のビッグマッチです。


気分が高揚してワクワクしてます。(´ω`人)



なんと言ってもWRESTLE-1王座戦ですね。【芦野祥太郎vs黒潮“イケメン”二郎


絶対王者である芦野にイケメンがどういった戦いを挑むのか。

シチュエーション的にもこれ以上ないタイミングだし、非常に楽しみダス。



WRESTLE-1は、好きになってしまえばとても楽しいですよ^^


2017プロレスLOVE in YOKOHAMA 


「2017 プロレスLOVE in YOKOHAMA」
2017年9月2日(土)神奈川・横浜文化体育館大会 15時開始/14時開場
 
▼第1試合 佐藤嗣崇デビュー戦 シングルマッチ 30分1本勝負
一(Pro-Wrestling ACE)vs佐藤嗣崇
 
▼第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
頓所隼(Pro-Wrestling ACE)&皇壮馬(Pro-Wrestling ACE)vs三富政行&大家健(ガンバレ☆プロレス)
 
▼第3試合 WRESTLE-1リザルトチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第3代王者】立花誠吾(Pro-Wrestling ACE)vs【挑戦者】伊藤貴則(Pro-Wrestling ACE)
※第3代王者・立花誠吾、初の防衛戦。
 
▼第4試合 UWA世界6人タッグ選手権試合 60分1本勝負
【第58代王者組】征矢学&NOSAWA論外&タナカ岩石(Pro-Wrestling ACE)vs【挑戦者組】河野真幸&MAZADA&火野裕士
※第58代王者組・征矢学&NOSAWA論外&タナカ岩石組、4度目の防衛戦。
 
▼第5試合 スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
稲葉大樹vs児玉裕輔
 
▼第6試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
武藤敬司&鷹木信悟(DRAGON GATE)&グレート☆無茶(信州プロレス)vs藤波辰爾(DRADITION)&丸藤正道(プロレスリングNOAH)&桜島なおき(九州プロレス)
 
― 休 憩 ―
 
▼第7試合 WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第10代王者】アンディ・ウーvs【挑戦者】吉岡世起
※第10代王者・アンディ・ウー、初の防衛戦。
 
▼第8試合 WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第10代王者組】土肥孝司&熊ゴローvs【挑戦者】カズ・ハヤシ&近藤修司
※第10代王者組・土肥孝司&熊ゴロー組、2度目の防衛戦。
 
▼メインイベント ステーキハウス寿楽 presents WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【第11代王者】芦野祥太郎vs【挑戦者】黒潮“イケメン”二郎
※第11代王者・芦野祥太郎、4度目の防衛戦。

| WRESTLE-1 | 00:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

映画『ザ・マミー 呪われた砂漠の王女』を観てきた


公開当日から今日まで、毎日のように「観に行こうか、どうしようか」とずっと悩んでました。「面白そうだな」「いや、これはハズレじゃないか」などの感情が頭をよぎり続けるんで。
こういうジャンルは、どうしてもたまに観たくなるんですよね。

仕事の帰りで疲れてたけど、まあ明日は休みだし、思い切ってレイトショーを観に行っちゃえと。


正直、ツッコミどころ満載な映画でした。
”どっちなんだ”という気持ちが最後まで尽きなかったですね。

コミカル寄りなのか、シリアス寄りなのか。
アクションなのか、ホラーなのか。
題材は良いけど、あまり掘り下げない等々。

映画のメインでもあるマミーは、せっかくビジュアルも凝ってるのに、なんで主役を有名俳優のトム・クルーズにしたのかもよくわからないです。
トム・クルーズは、ヒーローのイメージが付いちゃってますからね。

どうも全てにおいて中途半端な感じが否めなかったです。

今時の人は、こういうのでしっくり来るのかなぁ。
もうこのジャンルの映画を楽しめる年じゃないのかも。(苦笑

| 映画館で観た映画 | 02:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平等なんてねえさ

今、ドラクエの新作が発売されてる。

まあ長く続いてるよね。

面白いんでしょう、きっと。

別にゲームの事を語ろうというわけではないんだけど。


子供の頃、家庭が貧しくてゲームなんてまず買ってもらえなかった。お小遣いをもらった記憶も無いし。
父親と母親がギクシャクしてたのもあって、子供の事なんて放ったらかしだったから。

ゲームソフトは、買ってもらうより懸賞で当たった方が多かったんじゃないかな。
なんか知らないけど、くじ運だけは良かったから。
ドラクエのソフトが当たった事もある。(笑


普通の家庭では、こういうものはちゃんと買ってもらえるんですかね?
そりゃ、買ってもらえますよね。

じゃあ、貧しい家庭の子はどうか?
買ってもらえませんよね。
食べていくのにも困っているんだから。

そういう子供達のやりきれない気持ちがよくわかるんで、子供の貧困を考えると尚の事胸が痛むんです。
子供に罪は無い。
今の自分が出来る事と言えば、貧困問題を取り扱ってるNPOに寄付を続ける事ぐらいしかないんだけど。
それだって本当に貧しい家庭に支援がいってるのかはわからない。

助けてあげられなくてゴメンね・・・
本心は、サンタクロースにでもなって、貧しい子達にPS4とドラクエをプレゼントしてあげたいぐらいだ。


もっと頑張んないとダメだね。

自分の先々の事なんて心配したってしょうがない。どうせいつかは死ぬんだから。


今日からオレは、命を削って創作活動に当たる。(*`ω´*)۶

| のりしおという人間 | 23:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一撃必殺!!鈴木秀樹

一撃必殺!!鈴木秀樹

殺伐としたオーラ

相手を圧倒するレスリングテクニック

191cmの長身から繰り出される破壊的威力の技の数々

そして伝家の宝刀【人間風車】は

まさに一撃必殺!!

| イラスト【鈴木秀樹】 | 08:14 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

し〜っ



久しぶりにイラストをアップします。

休日を使ってサササッと完成させました。


ここ2ヶ月ぐらい気分が下降気味で、満足にイラストが描けなかった。

日課のようになってるので、それが出来ないのはホント辛い。


しっかりせねば。

| イラスト【静かにしろや】 | 01:32 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高速で動く男

モヤモヤっとしてたものを取っ払ったら、なんだか気分が良くなった。

職場を変え、壊れかけの洗濯機を新しくした。これだけ。


しばらく鬱気味だった頭がなんだかスッキリ。



仕事場の方は、いくら言っても劣悪な環境が改善されないので、こちらも「それなら、もう出来ません」と言って辞めてきた。

現場の事をなにも理解してない人間が上にいると何を言っても無駄。


正直なところ、そんな職場にいつまでも構ってられんのよ。

ストレスで病気になるよ、ホント。(♯`∧´)



そんななか、気になった職場があったのでとりあえず応募してみたところ、トントン拍子で決まってしまって。

本当はもうちょっとゆっくりする予定だった。(苦笑


それでも仕事の初日まで数日空くので、思い切って洗濯機を新しく変えちゃえと。

でかい家電は取り替えるのが面倒ではあるけど、終わってしまえば気分が一新出来る。


たったこれだけの事だけど、結果的には、ささっと動いたのが吉と出たのかな。



人間の体というのは不思議なもので、脳が元気だと体も元気になります。

悪い時はその逆で。


自分の場合、「思い立ったら即行動」というのが鬱攻略のキーになってるようです。


完全に脳に支配されてるんでしょうかねー。

死んだあと、脳だけ遺したいわ。(笑

| のりしおという人間 | 16:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2大カリスマバンドの共演

横浜アリーナ

横浜アリーナへ"ANDROGYNOS"を観に行ってきました。

DIRENGREYPIERROTという2大カリスマバンドが同じステージに立つという事で、とても楽しみにしておりました。

自分の方はどちらのバンドも好きで聴いていたので。

双方のファンが対立?していたのかよくわかりませんがPIERROTのボーカルがステージで双方のファン(信者)に対し、「世間から見たらどちらもキ◯ガイです」みたいなことを言って、思わず笑ってしまいました。


このふたつのバンドを同じステージで観られる事はもうないかもしれないので、とても貴重な体験が出来たかなと思います。




ちょっと遠出だったこともあり、疲労困憊で、帰ってくるなりバタンキュ〜でした。

| エンターテインメント | 07:06 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鬱になると甦る記憶

鬱病が酷い頃のことを思い返すと、相当八方塞がりになってた事がわかる。

無意識に自分を守ってたのか、周囲に毒を吐きまくって自分の居場所をなんとか確保してた。


ダメージが大きかった原因は、鬱病そのものより、生い立ちの問題。

とにかく素直で繊細すぎた。


サイコパスの親に育てられた子が、愛情を微塵も持たない親に愛を求めるという、まったく無駄なことをやっていた。

甘えられない不満から、幼少の頃から殺気を帯びてたんじゃないかな。(笑)


でも、そのサイコパスを反面教師にして正義が養われる事になるなんてね、サイコパス本人は想いもしなかったでしょう。自分の首を絞めるわけだから。

もちろんそれだけで済む訳はなく、次第に荒んだ心と復讐心を持つようになったけど。


自分が絵を描く人間で良かったと思う時がある。

「表現」という、思いの丈をぶちまけるものがあった事がせめてもの救いで、それが暴走の歯止めになってた。

でなきゃ今頃刑務所の中か、あの世だ。


その頃の毒はごっそり抜けちゃったから、もう安心。

当時書いてたブログ記事は、非公開になってるかほとんど削除したか、今となっては遠い過去の思い出。(その頃に描いたイラストは残ってるけど)


最近、鬱気味でふとそんなことを思い出してしまった。



調子はたしかに優れないんですが、こういう時は自分の環境をガラッと変えることが大切で。

ストレスの原因が仕事なのはわかっているので、まずは勤務時間を減らす事から始めた。(定時で帰る)

それだけだと今度は金銭面の問題が出てくるので、別の仕事をしてそれをカバーしないとダメで。

お金の心配が一番良くないから。


最初は夕方のバイトでも始めようかと考えてたけど、それだとストレス軽減になるか疑わしいので、やはり絵の方かなと。

イラストを描く仕事を増やせば在宅の時間が増えるので、ストレスはかなり減らせる。

一人暮らしの自分には、在宅時にはこれといったストレスはないので。


とりあえず、在宅の仕事の方はなんとかメドはついたかな。


こういう動きを早く出来るようになったのも、鬱の期間の苦しい経験がいきてるというか。

まあ、ある種、鬱の置き土産みたいなものですかね。

早く底辺の生活から脱却出来るようにしたい。(笑)

| のりしおという人間 | 05:29 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

悪魔か!?救世主か!?WRESTLE-1 芦野 祥太郎

悪魔か!?

それとも救世主か!?

芦野 祥太郎

第11代 WRESTLE-1チャンピオンシップ王者。


若手の台頭が著しいWRESTLE-1W-1)の中でも突出して凄いのがこの芦野祥太郎だろう。プロレスキャリアがまだ2年弱でありながら、洗練されたレスリングセンスを持ち、今やメインイベンターとして圧倒的な強さと存在感を見せつけている。
W-1のリングではもはや敵なしの状態だ。

強さもさることながら、個人的に好きなのはその風貌とキャラクター。タイトルを手中に収めてからというもの、非常に問題児ぶりを発揮しており、全ての選手をこき下ろして、「文句があるなら俺を倒してみろ」「一番強い奴が一番偉いんだ」といった感じで、リング上ではもうやりたい放題。(笑)

つまらない社会生活を送っている自分などから見ると、怖いもの知らずな部分は憧れちゃいますね。そう思ってたって出来ないですからね、現実では。
そこが芦野選手を応援したくなる一番の理由でもあります。

こういった若い逸材の出現は、W-1ファンにとってもプロレス界にとっても大変喜ばしい事で、特に新日本プロレス以外の団体からスター選手が出てくるのを心待ちにしている自分からしてみれば、待ちに待ったという想いです。


複数の選手の離脱があったりと厳しい状況にあるW-1ですが、芦野選手はリング上の戦いの図式を新たに作り直すと言ってるので、今後に大いに期待したいですね。

| イラスト【芦野 祥太郎】 | 18:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

遠い記憶

デジカメ写真

病院の帰りに、子供の頃に住んでいた場所を一時間ぐらい歩いてみました。

家にいてもどうせ気分は良くないし、創作意欲も低下してしまっているので。


懐かしさや思い出に浸りたくて、たまに歩きたくなります。

子供の頃は、家を出れば冒険でしたから。

| のりしおという人間 | 23:39 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トーンダウン

ここしばらく気分が優れない日が続いてる。

かれこれ一ヶ月ぐらい。


原因は昨日気づいたんだが、結局は仕事。

責任感が強すぎるようで、常に完璧に仕事をこなす事を信条としてるから。

結果、負担が全て自分1人にのしかかってきて、それをこなし続けるのにかなりのエネルギーを消耗してる訳だ。

皮肉な事に、なあなあで努力もせず呑気にやってる連中の方が負担が少ない。

それを許してる職場が悪いのか、息抜きをうまく出来ていない自分が悪いのか。

こっちは息抜きしたくても出来ない状況だから。

昨日、社員になんとかしてくれと頼んだけど。


こうなると創作意欲も湧かないし、充実した休みを過ごせなくなる。

悪循環でストレスと疲れがたまり、怖い夢を見る事も増える。

いい事なしだ。(´‐ω‐)=з


それを断ち切る為に、今日は無理を言って休みをもらった。

断ち切れるかわからないが。

自己診断では、軽いの再発かな、と。

| のりしおという人間 | 09:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ANDROGYNOS

キ…(-_-)キ(_- )キ!(-  )キッ!(   )キタ(  ゚)キタ!( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━!!




"交わる事の無かった2バンド 交わる事の無かった2つの物体 ここに破壊的融合 "


[出演] PIERROT / DIRENGREY 


"ANDROGYNOS - a view of the Megiddo -"
7月7日(金)横浜アリーナ 開場 16:30 / 開演 18:00
 
"ANDROGYNOS - a view of the Acro -"
7月8日(土)横浜アリーナ 開場 15:30 / 開演 17:00


7日のチケットをゲットできました。

生きてて良かった・・・・゚・(つД`)・゚・

| エンターテインメント | 08:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT