這いずるモノたち

イラストとWRESTLE-1をこよなく愛するブログ(たまにネガティブ)

≫ EDIT

「WRESTLE-1 TOUR 2018 OUTBREAK」6.13東京・後楽園ホール大会

W-1 6.13後楽園1
WRESTLE-1を観に行ってきました。
つまらない日常の喧噪から逃れたい時は、やはりプロレス観戦に限ります。ヾ(・∀・)ノ

特に楽しみにしていたのは、後半の3試合。

〈タッグマッチ〉

黒潮“イケメン”二郎&田中 将斗 vs 芦野 祥太郎&新井 健一郎/Enfants Terribles


WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ〉

吉岡 世起 vs 児玉 裕輔/Enfants Terribles


WRESTLE-1チャンピオンシップ〉

征矢 学/new Wild order vs 羆嵐/Enfants Terribles


芦野選手率いるEnfants Terriblesがタイトル戦に挑む図式でした。

W-1 6.13後楽園2

W-1 6.13後楽園3
この試合、注目は芦野と田中将斗の対決。熱いバトルになりました。

W-1 6.13後楽園4
WRESTLE-1では、勢いのある芦野とイケメンの戦いも見所のひとつ。

W-1 6.13後楽園5
芦野のアンクルロックに悶絶するイケメン
この日はローンバトルが続いてました。

W-1 6.13後楽園6
劣勢に立たされていたイケメンですが、何と丸め込みでにっくき芦野から3カウントを奪ってみせた。唖然とする芦野。
イケメンは芦野に勝ったのは初めてなんだそう。

あまり後楽園では組まれていない芦野選手とイケメン選手の対決。
もっと観たいですね。

W-1 6.13後楽園7
Enfants Terriblesの懐刀、児玉 裕輔
この選手、結構好きなんです。
クルーザー選手ならではの身体能力の高さが目を引くのですが、それだけではなく、無駄に技に走らない。
ひとつひとつの技を完全に自分の物にしているという事ですね。
芦野選手もそう。
これはプロレスにおいて大事な要素です。

W-1 6.13後楽園8
こちらはクルーザーチャンピオンの吉岡選手。
チャンピオンは団体の顔ともいうべき存在でなければなりません。
試合前だとしても、あの場面は先陣きって出て行かないとダメです。

W-1 6.13後楽園9
だんだん凶暴化してきた羆嵐
Enfants Terribles入りしてから、どっしりしてる感じですね。

W-1 6.13後楽園10
WRESTLE-1きっての重量級パワー対決。
タイトルマッチにふさわしい戦いになりました。

W-1 6.13後楽園11
終盤、リングが壊れるんじゃないかと思うような攻防になりましたが、最後は得意のラリアットで征矢が勝利、初防衛に成功。
あと一歩の部分がチャンピオン征矢は強いですね。
長期政権になるのでしょうか?

年間最大のビッグマッチ、文体のメインは征矢がチャンピオンとして防衛戦を行う事になりました。




これは試合とは関係ないのですが、今日観てて気になったのは空席が目立つなぁと。
芦野がチャンピオンの時より勢いがないのかな。
プロレスはショーではないので、お客のご機嫌取りだけする訳にはいかないですからね。
大変だと思いますけど。
会場が熱気に包まれてる方が観てる側も集中出来るんで、頑張ってほしいところです。


W-1 6.13後楽園12
それとこの日、CIMA率いる"STRONG HEARTS"が乱入し、「W-1に刺激をぶち込んでやる」と宣戦布告をしてきました。
WRESTLE-1としては、いいようにアピールさせてしまった感じ。

迎え撃つのはWRESTLE-1のクルーザー戦線になるのでしょうかね?
文体も迫ってますし、大きなうねりになるといいのですが。
スポンサーサイト

| WRESTLE-1 | 01:01 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

虐待は家族間の問題ではなく社会問題

日大アメフト反則タックル問題の次は、東京都目黒区の虐待のニュースが世間を騒がしてます。
自分も一応人間なので、虐待のニュースにはいつも心を痛めてます。
年端もゆかぬ子がなぜこんな惨い仕打ちを受けねばならないのか。
この子が味わったであろう痛み、苦しみ、空腹や寂しさ。考えただけで胸が締め付けられる思いです。

ニュースのコメント欄を見ても、「いたたまれない」「かわいそう」という声が多く、特に父親の方には、「目には目を」と行った具合に厳罰を求める意見が多いです。
タレントなんかもいろいろ言ってますね。
ただ、はらわた煮えくり返る気持ちはわかるけど、自分は物事の本質は違うんじゃないかと思ってます。
怒りに任せてこの父親ひとりを社会から抹殺したところで、虐待は無くならないからです。

この父親、仕事の面でも人間的な面でも、自分自身を外に主張出来ない、劣等感の塊のような人間だったのではないかと想像します。
きっと幼少期、親から支配的に押さえ付けられ、怯えながら育ったんでしょう。
親から子への虐待の連鎖については専門家でも警鐘を鳴らしてる人がいます。
この父親は加害者であると同時に、子供の頃に社会から見捨てられた被害者という側面もあるわけです。
自分の見立てではですけど。
親からの愛情などは皆無だったのでしょうね。
「そりゃ、歪むよ」。

だからといって「許してやれ」とは思いません。虐待は当然非難されるべきものですから。
ただ、虐待を受けた子がそのまま親になってまた子を虐待する。そういう負の連鎖が出来上がってしまってると言う事が問題の本質な訳で。
それを無視し、一時の感情に流されて、やれ「極刑にしろ」だの「同じ目に遭わせてやれ」というのはちょっと違うでしょ、と。

特にその負の連鎖について、児相の人間達がどれだけわかっているのか甚だ疑問だ。
早期発見しか止める手だてがないのに。
当事者意識が欠如したバカどもがチンタラやってるようにしか見えない。

虐待だけじゃない。
いじめ、ひきこもり、子供の貧困、こういった問題はずっと見捨てられ続けてきたんですよ、社会から。
だから深刻な状態になって表面化してるんです。
世間の関心など所詮一過性のものでしかないですからね。

人生のツケというのは自分が一番苦しい時に必ず回ってくるもの。
それが今の日本の惨状だと思います。

| のりしおという人間 | 20:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

THE 多忙

最近、ブログの記事がプロレスの事ばかりで。

これでも、毎日ちゃんとイラストを描いているんです。

仕事のものなのでアップは出来ないですけどね。

昼間は普通に定時まで働き、帰ってきて一休みしてから寝るまでの数時間イラストを描く、みたいな感じ。

土、日の休日もほとんどイラストの制作に充ててます。

得意分野を仕事にするというのもなかなか大変ですね。

まあ後々、何の仕事に携わったかぐらいの事はご紹介出来ればと思います。



ここからはプロレス記事になります。
今日、「WRESTLE―1 GRAND PRIX2018」に参加のメンバーが発表されました。
8選手参加のトーナメントで、優勝者にはW-1年間最大のイベント、横浜文化体育館での無差別級タイトルの挑戦権が与えられます。
出場予定選手にはカズ・ハヤシ、近藤修司、河野真幸、土肥孝司、黒潮“イケメン”二郎、芦野祥太郎、伊藤貴則の7人と、6月13日後楽園大会の王座戦(王者・征矢VS挑戦者・羆嵐)の敗者。

WRESTLE-1グランプリ2018

う〜ん・・・「またW-1の中だけでやるのか」というのが正直な感想。
鎖国はW-1のアピールにならないと思うし、外から見てW-1のリングが魅力あるものに映らないんじゃないかなぁ。
去年は芦野祥太郎という絶対王者がいたので、シチュエーション的にそれなりの面白さがあったけど。
W-1には若くてイキのいい選手が数人いるんだし、芦野、イケメン、土肥あたりに初対決となるような選手をぶつければ俄然面白くなると思うんだが。

頼むよ、社長↑。(○´・Д・`)ノ

| WRESTLE-1 | 19:45 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【長州力プロデュース】「POWER HALL 2018~Battle of another dimension~」

POWER HALL 2018

7月10日、何やら興味津々な大会が行われる模様。

長州力プロデュース興行「POWER HALL 2018~Battle of another dimension~」

スマホをいじってたら急に目に飛び込んできた。Σ(゚Θ゚)

いろんな団体からトップ選手が集結しており、なんとWRESTLE-1からも芦野、イケメン、土肥の3選手が参戦。

ついに芦野も長州力の目にとまったのか、と。


しかも発表されたセミとメインの対戦カードが非常に興味深い。

【藤波辰爾&丸藤正道&芦野祥太郎vs鷹木信悟&土肥孝司&清宮海斗】

長州力&関本大介&ヨシタツvs秋山準&橋本大地&黒潮“イケメン”二郎】

タッグマッチながら、初顔合わせの対決が目白押しなんですね。


長州力vs秋山準、長州力vs黒潮“イケメン”二郎、一体どんな攻防になるんだろう。(*゚Q゚*)

芦野祥太郎vs鷹木信悟、メチャメチャ注目です。


これは観に行くしかないでしょう。


もうチケットを注文しましたけどね。(●`∀´人)ウッシッシ

| プロレス | 19:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

WRESTLE-1後楽園大会&国立新美術館

5.6 W-1後楽園【2】
5月6日、WRESTLE-1後楽園大会を観に行ってきました。

GWで出掛けたのはこの日だけ。

連休もあっという間に終わっちゃいます。

5.6 W-1後楽園【3】

5.6 W-1後楽園【4】

5.6 W-1後楽園【5】



5.6 W-1後楽園【6】



5.6 W-1後楽園【7】

5.6 W-1後楽園【8】
注目の黒潮"イケメン"二郎。

この日は、【観客持ち込みアイテム使用可 GWスペシャルハードコアマッチ】そう銘打たれた対戦が組まれた。

5.6 W-1後楽園【9】
う〜ん、お客を喜ばすために努力しているのは理解出来るけど・・・

でも真の強敵が現れた時、"エンターテインメント"だけでは決してWRESTLE-1は守れないからね。

5.6 W-1後楽園【10】
イケメンには、会場を沸かせるだけでなく、団体を引っ張っていくようなエース級の活躍を期待したい。

それぐらいの選手だと思うので。

5.6 W-1後楽園【14】

5.6 W-1後楽園【12】
前回の後楽園大会でEnfants Terribles入りを決めた熊ゴロー改め、羆嵐(くまあらし)。

土肥熊で奪われたW-1タッグ王座の奪還に挑む。

人懐っこそうなキャラは消えて、怖いオーラが出てたな。(笑



5.6 W-1後楽園【13】
新タッグチャンピオン征矢&AKIRA組にとってはこの上ない強敵コンビが相手。

いつもそうだが、芦野選手が出場するタイトル戦はピリッとしたムードになる。

5.6 W-1後楽園【15】
試合は、勝負どころでEnfants Terriblesが乱入、反則お構いなしの戦法でチャンピオンチームからタッグタイトルを強奪した。

勢いをつける為にも、どうしても獲りたかったんだろうね。



5.6 W-1後楽園【16】
発する言葉も、今まで以上にヒール色が強くなってたような。

この後、芦野選手の言葉に反論する人間が誰も出てこなかったのがちょっと心配。



WRESTLE-1はストーリーを次に繋げていかないといけない。

よく考え、主張を貫く、それがWRESTLE-1なのだ。o(o・`з・´o)ノ

5.6 W-1後楽園【17】
芦野選手はWRESTLE-1だけに置いておくのはもったいないね。

他団体に参戦してもその存在感は際立つと思う。

チケット
帰りに国立新美術館に寄りました。

ずっと観に行こうと思ってたので。

新国立美術館
乃木坂駅に到着するや、どこかアートの雰囲気を感じました。

緑もあって綺麗なところですね。

ちょっと混んでましたけど、今回の展示作品は観といて良かったです。

| WRESTLE-1 | 01:38 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT